白土文也法律事務所

個人のお客様はこちら

法人のお客様はこちら

白土文也法律事務所

白土文也法律事務所アクセス情報はこちら

法律を分かりやすく(個人の法律問題)/弁護士白土文也のオフィシャルブログ

法律を分かりやすく(企業の法律問題)/弁護士白土文也のオフィシャルブログ

 

白土文也弁護士事務所の

 

遺言・相続問題については、以下のようなケースでご相談頂くことがあります。

 

  • 被相続人が書いた遺言書は、同居していた兄弟が無理やり書かせた様子だ。
  • 遺言書が長男に全て相続させる内容になっており、遺留分減殺請求したい。
  • 被相続人と同居していた兄弟が、遺産を隠して明らかにしてくれない。
  • 行方が分からない相続人がいるため手続きが出来ない。
  • 先祖が遺産分割をしなかったため、相続人が多すぎて協議が困難。
  • 兄弟の仲は悪くはないが、兄弟の配偶者が口を出してきて協議がまとまらない。
  • 遺産のほとんどは自宅の土地建物だが、公平になるような分割方法が思いつかない。
  • 不動産の評価を巡って争いがあり、話し合いで解決出来ない。
  • 自分は、被相続人が亡くなるまで身の回りの世話をしてきたから、その点を評価してもらいたい(寄与分の主張)。
  • 同居していた兄は、親から多額の援助を得ていたのに対して、自分は何ももらっていないので、自分の取り分を多くしてほしい(特別受益の主張)。
  • 知らない人が親に金を貸していたと請求してきたが、どの様に対処すればいいのか分からない。
  • 相続の手続き全般が分からない。仕事が忙しくて自分では出来ない。
  • 生命保険や不動産を活用した節税対策を進められているが、法律上問題がないかチェックして欲しい。
  • 遺言書の作成を考えているが、かえって相続トラブルの原因にならないか心配

 

 遺言・相続問題は、民法の相続法が分かれば解決出来る問題ではありません。

 遺産分割調停・審判手続きでは、条文には出てこない、家庭裁判所の実務上の取り扱いを把握している必要がありますし、親族法・不動産・借金・相続税その他の税法・会社法(事業承継など会社が関わる場合)・登記手続き等々、関連 する法律分野も広範囲にわたります。

 広範囲にわたる法律・税務・登記の問題を念頭に置きながら、遺言書作成や相続手続きを進める必要があります。

 

法人のお客様向け(中小企業・ベンチャー企業向け)お取り扱い業務

〇遺言書の作成

〇遺言執行

〇遺産分割

 (遺産分割協議書の作成・交渉・調停・審判)

〇遺留分減殺請求

 (交渉・調停・訴訟)

〇遺言書検認手続

〇相続人調査

〇相続財産調査

〇相続放棄手続

〇その他関連する手続
 (失踪宣告申立、成年後見申立、相続財産管理人申立、不在者財産管理人申立)

〇相続手続に関する継続相談

 (一定期間、各種手続について、電話やメールで継続してアドバイス致します)

 

>>>遺言・相続の弁護士費用はこちら