相続から社会を変える。ストレスのない相続を全ての人へ。

相続・家族信託・事業承継分野の社会的課題の解決を目指しています。

 

当事務所は、「相続から社会を変える。ストレスのない相続を全ての人へ。」という標語を掲げ、

相続(家族信託・事業承継分野)の社会的課題の解決を目指しています。

 

相続分野の課題

 

【手続の多さと複雑さ】

相続は、ほとんどの方が経験する問題であるものの、何度も経験するものではなく、

いざ直面するとその手続きの多さと複雑さに困惑してしまうのが実情です。

死亡届・年金・健康保険その他の役所の手続き、公共料金などの解約手続き、

戸籍の収集、財産調査、準確定申告や相続税申告等の税務申告、

遺産分割協議など法的な手続き、預金の解約や払戻・不動産の相続登記、生命保険の請求などなど、

やらなければならない手続きは山ほどあります。

一か所で手続きが済むということはなく、様々な役所や機関に対して、同時並行的に手続きを行う必要があり、

時間も手間もかかるのが実態で、二度と経験したくないという感想を持つ方が多いようです。

 

 

【期限の短さ】

また、各種手続きには期限があります。

主なものだけでも、相続放棄は3か月以内、準確定申告は4か月以内、相続税申告は10か月以内とされており、

あっという間に期限が迫ってきます。

多忙な現代社会において、仕事や私生活の時間を割いて手続きを進める必要があり、かなりの負担です。

 

 

【相談相手が分からない】

さらに、相続を取り扱う専門家が数多く存在しており、誰に相談すればいいのか分からないという問題もあります。

弁護士・司法書士・税理士・行政書士などの士業、不動産や生命保険業者、銀行や信託銀行などの金融機関、

その他相続のコンサルタントなど、非常に多い状況です。

相続に詳しくない方であれば、本来相談すべき相手ではない専門家に相談してしまうことも珍しくなく、

そもそも、弁護士しか取り扱えない相続紛争について弁護士以外が対応していることさえあります。

また、弁護士に相談すれば、法務も登記も税務も一括して対応してもらえると思っていたのに、

結局、弁護士も司法書士も税理士も自分で探さなければならないということも珍しくありません。

 

 

当事務所の方針と課題解決に向けた取り組み

 

このように、相続手続きについて、多くの方が悩み、時間を費やし、大きな負担になっている状況です。

当事務所にお任せいただくことで、少しでも相続のストレスを軽くして頂きたい、安心して頂きたい

そして、社会全体の無駄がなくなってほしいと考えております。

相続から社会を変える。ストレスのない相続を全ての人へ。」には、そのような思いが込められております。

 

当事務所は、

 

相続分野の専門性の追求

相続紛争のみならず、生前対策、紛争性のない相続手続きも対応

全国対応・オンライン対応・来所不要

法務・税務・登記等のワンストップ対応

 

を採用しております。

ご相談内容によっては全国対応・オンライン対応や税理士・司法書士等のご紹介ができない場合がございます。

 

相続でお悩みの方は、是非、当事務所にご相談ください。

相続業務のより詳しい内容は、以下をご覧ください。

相続分野における当事務所の特徴