相続放棄手続き

相続放棄をすると、初めから相続人でなかったことになり、
被相続人が多額の借金を負っていた場合などに利用されています。

もっとも、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に手続きをしなければならず、
かなり短い時間で手続きをしなければなりません。

 

もし、3ヶ月以内に相続放棄すべきか否か判断がつかない場合は、
申述期間の伸長という手続きを行うことで、期間を延ばすことが可能です。

 

また、認められるケースは非常に限られていますが、
3ヶ月を経過した後でも、相続放棄が認められる場合もあります。

 

相続放棄・申述期間の伸長の手続き、または、期間が経過してしまったケースについて、
是非、弁護士にご相談ください。